医療情報の基盤構築
データサイエンスを身近に

 ankanは米国の被ばく管理で得た知見を踏まえて,日本の臨床ニーズに対応した情報システムです.

 被ばく管理を弊社にアウトソーシングすることで,放射線科では医療情報システムに関するご相談・業務負担軽減・コスト対策・根拠に基づく質の高い画像検査の提供を可能にします.

特長

マルチモダリティ対応

 

・CT

・一般撮影

・血管造影

・透視

・核医学

ビッグデータの自動解析

 

専用に開発したデータマイニングツールを利用

 国際標準化に準拠

 

 

・REM, REM-NM

・DICOM Service Class (Q/R)

・RDSR, RRDSR, Header

 Webミーティング

 

・グラフや統計の説明

・ユーザリクエストの解析

・学術や研究会等の相談

・医療情報システム構築相談

業務報告書の自動作成

 

・詳細な検査分布

・業務効率の視覚化

・検査件数と従事者別集計

線量報告書の自動作成

 

・指針策定も自動で行えます

・院内会議の資料として

・立入検査時の資料として

・学術や研究会等の資料として

サービス

​●は対応済

料金体系
料金体系.png
ユーザ

 国立研究開発法人をはじめ民間病院,福祉法人と幅広く稼働中です.ユーザと当社とのWebミーティングでは最適化等のディスカションをはじめ,医療情報構築・運用等に関するセカンドオピニオンとしてのご利用,さらに医療情報に興味がある先生の研究・教育をサポートします.

データサイエンス
データサイエンス.png

onti, ankanは自社開発です.製品仕様は予告なく変更する場合があります.また記載の社名,組織名,商品名は各社の商標または登録商標です.