01_REM_DIC_2020_edited.png
02_REM_IMIA_2020_edited.png
03_REM-NM_DIC_2020_edited.png
04_REM-NM_IMIA_2020_edited.png
00_CT_IHE_2020_edited.png

​国際標準化

 本製品(onti)を利用することで、診療用放射線・放射能を用いた全検査において患者個人の被ばく量をはじめ、医療法に基づいた線量記録・管理を国際標準に従い運用できます。
​ なお、院内申請資料は下記よりダウンロードをお願いします。

DICOM適合宣言書・ IHE統合宣言書

製品タイプ

REM:国際標準に従う被ばく管理(CT・血管造影・一般撮影など)

Safety:超音波やMRなどの安全指標管理

Quality:品質管理機能

REM-NM:国際標準に従う被ばく管理(核医学のみ)

当社のiPad OSアプリet`s Run(えつらん)」を利用します.
​”
et`s Run”は”onti”と連携して義務化されたCTの始業点検(水ファントムスキャン),新たな線量指標であるSSDE204及びSSDE220の算出*,NECの算出に利用します.

稼働中

%E7%A8%BC%E5%83%8D%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%
%E7%A8%BC%E5%83%8D%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%

Japan DRLs

日本の診断参考レベル

  • 比較・実務と事後検証による実態把握

  • 必要最低限の線量記録・管理の用途

  • 研究開発用途

 

幅広く利用されています。

DRLs.PNG

SSDE

Size Specific Dose Estimates

​CTの新線量指標もできます。

SSDE204

SSDE220

IMG_1289_isg.jpg

NEC

Noise Equivalent Count

  • PET検査において、計数率から簡便に画質を推測

  • 雑音等価計数(NEC)の自動計算やアップテイクタイム

IMG_0063.PNG

Water Phantom

水ファントム

  • CT 検査の始業点検等に用いる水ファントム

  • スキャンデータの自動解析・結果保存・経年グラフ等​

waterphantom.jpeg

onti Portable

​白衣に入れて

  • 核医学検査において、管理区域のネットワーク工事不要

  • ontiポータブルは、ポケットサイズのデバイス

  • 事前準備・予約・投与記録等を正確にやってくれます。

DSC00356.JPG

Menu

マルチモダリティ対応

線量管理に必要な機能を全て

多機能でわかりやすい画面​

安全指標も

​品質管理も

Administrators.PNG

User
Activity

Annals of Nuclear Medicine
  • Optimization of injection dose in 18F-FDG PET/CT based on the 2020 national diagnostic reference levels for nuclear medicine in Japan
The Journal of Nuclear Medicine
  • Effects of optimization of injection dose
第59回全国自治体病院学会
第60回日本核医学学術総会・第40回日本核医学技術学会総会学術大会シンポジウム
日本核医学技術学会 北陸地方会総会
第44回日本核医学技術学会東海地方会総会
第2回関東核医学研究会
第1回九州核医学コミュニティ
日本核医学会関東甲信越地方会
鳥取県西部技師会
第59回日本核医学会学術総会・第39回日本核医学技術学会総会学術大会
住友重機械工業ユーザ会
中濃画像研究会
宮崎県放射線技師会(特別講演)
RSNA 2019 Educational Exhibit December 1–6, 2019. Chicago, IL.
国立関東甲信越放射線技師会(教育講演)
第101回千葉核医学技術研究会
関東医療情報連合会第2回定例会
日本CT技術学会 第7回学術大会(教育講演)
SNMMI Oral . Anaheim, CA ,June22-25, 2019
日本核医学技術学会近畿地方会第308回定例研究会
第107回 関西画像研究会(特別講演)
機器展示・バナー
  • PETサマーセミナー
  • ​日本核医学会学術総会
  • 日本核医学技術学会総会学術大会
  • 日本放射線技術学会関東支部
  • 3D PACS研究会
  • 国際医用画像総合展(ITEM in JRC)
情報誌
  • 月刊 INNERVISION(株式会社インナービジョン)
  • RadFan(株式会社メディカルアイ)
  • 月刊 映像情報Medical(産業開発機構株式会社)

当社の調査結果です。全ての情報とは限りません。