国際標準

 自社製品は全て国際標準化(DICOMとIHE)に従い、スムーズな製品間の相互接続性のために「IHE Technical Frameworks」に基づき実装しました。スマートな線量管理システムには国際動向を踏まえた医療情報に関する高度な専門性・倫理観・確かな臨床経験が求められます。
​ 装置やシステムの新規・更新時によく耳にする「こんな高い接続費って...」「対応する、対応すると言うが今も放置されて...」など面倒な事を回避できます。ユーザはメーカから国際標準製品である仕様証明(DICOM、IHEなど)をもらうことで、病院の費用負担を抑え、ストレスなしの国際標準製品を導入できます。装置や情報機器が増えても楽になる仕組み作りには、まずは国際標準製品のご選択を推奨します。

4 Product Types

REM: Radiation Exposure Monitoring
(核医学以外の被ばく管理の国際標準データフロー)

all-in-one package

Except fo nuclear medicine

For nuclear medicine

For nuclear medicine (Only SPECT)

Safety: MR and sonography safety index management
​(MR検査,超音波検査時の安全指標の記録・管理)

Quality: Automated analysis of water phantom images
(CT始業点検時の水ファントム画像の自動解析と管理)

REM-NM: Radiation Exposure Monitoring for Nuclear Medicine
(核医学の被ばく管理の国際標準データフロー)

The iPad (iPad OS application "et`s Run®") is connected to "onti".
・Automatically analyzes and records water phantom scan images as a CT start-up inspection.
・Automatically calculates SSDE (204 and 220), a new dose index for CT examinations.
​・Automatically calculates the Noise Equivalent Count (NEC) and uptake time used in nuclear medicine examinations.
DRLs.PNG

Understanding from clinical experience

患者の被ばく記録・管理・解析・実施までこれ一台で

​(MRやUSの安全指標も一緒に管理)

  • 臨床での知見を取り入れて開発することで実務支援機能が充実

  • 診療用放射線の線量記録・管理用途

  • 研究開発用途​​

  • 日本の診断参考レベルや独自指標、各国の数値との比較を容易にします。

IMG_1289_isg.jpg

SSDE

Size Specific Dose Estimates

  • ​SSDE204

  • ​SSDE220

IMG_1293_isg.jpg

NEC

Noise Equivalent Count

  • PET検査における実投与量と画質の関係を瞬時に知ることができます。

  • 雑音等価計数(NEC)の自動算出

  • アップテイクタイムの自動算出

waterphantom.jpeg

Water Phantom

Analysis application

  • 1日のCT検査開始前は、装置の不具合、検査画像の品質などを確認します。始業点検と呼ばれるものです。

  • 始業点検で撮影した水ファントム画像を自動解析・自動グラフ化します。朝の忙しい時間でも、すぐに検査画像の品質や不具合の前兆把握などにご利用できます。

DSC00356.JPG

onti Portable

Handy Terminal

  • ontiポータブルは、ポケットサイズのデバイスなので、白衣に入れて持ち歩き、予約情報から投与準備・投与記録はもちろんのこと、医療安全のために患者や薬剤の不一致検知によるアラート機能もあります。やることはボタンを押す、転送するだけです。管理区域内のネットワーク工事は不要です。

onti_conf_edited.png

onti

これ一台で

  • 線量管理の基本機能+高度な機能+実務支援機能

  • マルチモダリティ

  • ついでに安全指標も(MR検査・超音波検査)

  • 高機能ながら操作性を重視

  • ​線量管理を本気で取り組むなら最適な製品